スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

アメリカさまと官僚さま

アメリカさまと官僚さまの言葉は聞こえても、
主権者たる国民の声は耳に入らない。
そういう素質において、Noダは、
歴代の首相のなかでも群を抜いた存在です。

あの菅直人の方が、少しはましに思えるほどです。
菅はポピュリストの傾向があったので、
実際に、するかしないかは別としても、
国民に対して何を言えば受けが良いかということだけは
探っていました。
Noダは、そんな民主主義のポーズさえもかなぐり捨てて、
米と官のポチぶりを発揮してくれています。

おそらくNoダには、官僚さまとアメリカさまの言葉しか
聞こえないのでしょう。

官僚たちが口々に、
「下々の者たちは、何でも反対するものでございます。
それでも英断されるのが名君です。
あなたほど決断のできる方は、過去の総理にはいませんでした。」
とか言われ、国益よりも自分たちの利益が大切な官僚どもに踊らされ、
一方で、陰では、アカンベェされて、
「こんどのバカ殿は、今まで以上に御し易いですな。はっはっは~」です。

敗戦により、「天皇」が「アメリカ」に置き換わっただけで、
明治からの官僚支配体制は、連綿として続いています。
アメリカによる支配を前提として、
戦後の官僚機構が存立していることから、
官僚にとって、アメリカによる日本支配を守ることは、
終戦間際に、日本の国体を護持しようとしたことと同じくらい
彼らにとっては、重要な意味があるのです。

日米の主従関係を少しでも対等の関係に近づけようとすると
アメリカからだけでなく日本側からも極めて大きな抵抗が生じます。

日中国交回復をした田中角栄に仕掛けられたロッキード事件。
これに官僚の中でも最精鋭の検察特捜部が弾圧の先頭に立ちました。
対等な日米同盟関係を求めようとした小沢一郎への陸山会事件。
劣化した検察特捜部に代わって、
検察審査会を使って、さらには裁判所が加わっての弾圧が行われています。

明治維新に、薩長は、幼い明治帝を押し立てて、
幕府なきあとも、越後長岡藩や東北列藩を攻め立てましたが、
昭和平成になって弾圧されているのが、
新潟の田中、岩手の小沢であることは、象徴的です。

沖縄で多くの基地を提供し、
アメリカの世界戦略に多大な「貢献」をしてやっているにもかかわらず、
その事を自ら過小評価して、
弱い日本はアメリカさまのおかげで守って頂いているのだそうです。

普天間基地の問題などは、
普天間関係の思い遣り予算(←安保条約上何の義務もない)
をなくしてしまうだけで、問題解決。
アメリカの方から、本国へでもグァムへでも出て行くです。

TPPに関しては、憲法改正を発議できるほどの数の国会議員の
反対がありながら、Noダは強行しようとしています。

政治の面では、日本は既にアメリカの属国ですが、
TPPは、経済においても社会の仕組みにおいても、
日本をアメリカの属国化する危険なものです。

平成の開国だと称していますが、
幕末の開国でペリーの黒船に脅されて締結させられた
日米修好通商条約という名の不平等条約は、
日清・日露の勝利と粘り強い外交交渉を経て、
ようやく改正することができたです。

開国したから、明治の発展があったのではありません。
他の多くの国々は欧米に門戸を開くことで欧米列強の植民地とされ、
悲惨な目にあいました。
明治の日本人は、そのことを学び、大変な努力をしたのです。
当時の多くの日本人が、坂の上の雲を見て頑張ったからこそであって、
開国イコール発展では決してなかったのです。

今また、アメリカの脅しに負けて、
百数十年前と同じ過ちを犯そうとしています。

温故知新。
もっともっと歴史の教訓を学ばなければなりません。


※ このところ、仕事が忙し過ぎて、更新ができていませんでした。
  また、ぼちぼちと書いていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

Tag:小沢一郎  Trackback:1 comment:1 

Comment

えいちゃんの部屋 URL|
#x2le9XR2 Edit  2011.11.06 Sun12:07
>開国したから、明治の発展があったのではありません。
>他の多くの国々は欧米に門戸を開くことで欧米列強の植民地とされ、
>悲惨な目にあいました。
>明治の日本人は、そのことを学び、大変な努力をしたのです。
>当時の多くの日本人が、坂の上の雲を見て頑張ったからこそであって、
>開国イコール発展では決してなかったのです。

>政治の面では、日本は既にアメリカの属国ですが、
>TPPは、経済においても社会の仕組みにおいても、
>日本をアメリカの属国化する危険なものです。

ご健筆復活おめでとうございます。でも自分のことが一番大事なのですね


comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

まとめ【アメリカさまと官僚さ】

アメリカさまと官僚さまの言葉は聞こえても、主権者たる国民の声は耳に入らない。そういう素質において、 まっとめBLOG速報 - 2012.11.22 05:25

プロフィール

卑弥呼238

Author:卑弥呼238
卑弥呼238のブログへようこそ!
238は、何の数字でしょう?
この数字へのこだわりは、おいおいブログに書くつもりですが、タイトル「常識の嘘、非常識の本当」に当てはめると、239は常識だけど嘘、238が非常識の本当というところです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。