スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

前代未聞のおかしな判決

検察自身が描いたシナリオに基づいて検察が作成したウソの供述調書を
証拠として採用しなかった(できなかった)裁判所が、
証拠はないけれど、検察のシナリオだけは正しいと「推論」して、
検察でさえ賄賂の立件ができないので、
政治資金規正法違反でしか起訴できなかったのに、
裏金授受の事実まで積極的に認めて、有罪にしてしまいました。

そもそも、政治資金規正法に基づく収支報告書の記載ミスがあったとしても、
他の政治家なら、記載の訂正で済まされてきたものである上に、
2004年10月に小沢個人から借りた4億円は、
きちんと2004年の収支報告書に記載されているのですから、
記載ミスさえないもの、すなわち、裁判に掛かるはずのないものを
裁判に掛けて、あまつさえ有罪にしてしまうのですから、
検察と裁判所の連携ぶりは、まあ見事と言う他ありません。

もうすぐ始まる小沢氏自身の裁判に関しては、
小沢氏と秘書との共謀関係の立証という、もう一つのハードルがあるので、
今回の判決が、即、小沢氏の有罪に結びつくものではありませんが、
小沢氏の政治活動が、今後は今まで以上に制約を受けるという意味で、
政治的には極めて大きな影響のある判決です。

本来、政権交代があれば、前政権の悪事が暴かれることにより、
政治の自浄作用が働くことが、
政権交代の最大の効用であるはずでした。
ところが不思議なことに、日本においては政権交代後も、
前与党の自民党や公明党の行った不正や犯罪が斬罪されることなく、
与党の最大の実力者で、マニフェスト実行のために最も必要な政治家が、
排斥され続けています。

野田政権は、
国民の生活が第一とした、国民との約束をかなぐり捨てて、
復興を旗印にして増税を正当化しています。
当然、次回の総選挙では、民主党は敗北し、
自民党が政権に復帰する可能性は極めて大きいですが、
冷や飯を食った痛みは身にしみたものの、
与党時代の責任が追及されないまま政権に復帰してしまうのですから、
その後の自民党の政権運営がどのようなものになってしまうのか、
想像に余りあります。
そして、官僚(検察を含む)、財界、アメリカ、マスコミ等に加えて、
司法にとってさえも、その方が良いのだということが、今回の判決で垣間見えます。
そういう意味でも、小沢氏の裁判の行方は余談を許しませんし、
このことは、小沢一人の危機などではなく、
日本の民主主義こそが、大きな危機に立たされているのです。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

Tag:小沢一郎  Trackback:0 comment:3 

Comment

えいちゃんの部屋 URL|まぁ
#x2le9XR2 Edit  2011.09.27 Tue16:54
わたしたちは本当に民度の低い国を母国としたものです。
これって過去にもありましたよ。国家権力にちょっとでも
都合の悪いことを口にしただけで、牢獄に入れられた時代が。

三権分立なんてまったく無くなり、法も行政も司法もだんごみたい
になってどうなったか、忘却とは恐ろしいものです。

わたしらはこの日本の国の根本が砕けようとしている
そんな中で、ともかく生きていかねばならんということです。





卑弥呼238 URL|Re: まぁ
#- 2011.09.28 Wed00:30
本当に恐ろしい世の中になってしまいました。

山本太郎氏等が、佐賀県庁への建造物侵入などの罪で刑事告発されています。
個人の家へ押しかけたのではなく、誰でも入れる県庁へ入って、
権力を持つ者に対して、力のない人達が大勢で主張を伝えただけで、
本当に危険な状態なら、県庁は警察を呼ぶこともできたのに
それもしていないのに、告発されてしまうのです。

佐賀地検が起訴するかどうかは、判りませんが、
何と言っても、奴らは、
検察が起訴できないような行為であっても、
ど素人の検察審査会で2度起訴相当を出させて、
検察が立証できないような裁判でも、
有罪率100%の裁判官をあてがって、
無実の人間を犯罪者にしてしまえる手法を手に入れたのですから。
えいちゃんの部屋 URL|山本太郎さん
#- 2011.09.29 Thu00:11
負けるな。迷惑かけるからと所属事務所を辞めた人。殊勝な心根の人。
暗黒時代になったものです。恐ろしい。でもこんな人もいるのです。
刑事起訴なんかしたら、検察の死亡広告だし、その検察の上をいく
裁判所は骸骨宣言です。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

プロフィール

卑弥呼238

Author:卑弥呼238
卑弥呼238のブログへようこそ!
238は、何の数字でしょう?
この数字へのこだわりは、おいおいブログに書くつもりですが、タイトル「常識の嘘、非常識の本当」に当てはめると、239は常識だけど嘘、238が非常識の本当というところです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。