スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

マスコミ(村木さん冤罪の場合)

壮大な小沢排除シナリオのスピンオフ作品であったということです。
ですから、
本編を理解していれば、より本質が見えてきます。

最初は、検察のリークのままに村木厚子さんを犯人扱いしていたマスコミ。
松本サリンの河野さんの際の失敗がありながら、懲りることなく、
検察が言うままの報道を繰り返していました。
ところが、天網恢々疎にして漏らさずというのでしょうか、
検察官が改ざんした証拠のフロッピーが
村木さんのところへ戻ってきたことから、えん罪が証明されました。

これだけでも大変な問題ですが、
本当の問題は、ここから先にあります。

このストーリーが、村木さんという一人の官僚だけを
陥れるためのものであったはずがないのです。

民主党の石井一議員は、当時は小沢氏の側近であると言われていました。
そして、検察が本当に捕まえたかったのは、その石井議員でした。
(石井氏個人ではなく、小沢氏の側近という部分が真の目的)
その石井氏が、本省の係長ならいざ知らず、
地方の出先機関の係長(=虚偽の証明書を発行した)なんぞに
直接口利きしたとすると、如何にも不自然なため、、
その直接の上司である課長の村木さんに、虚偽の証明書の作成を
依頼したことにする必要があったのです。
そのために、虚偽の証拠作成を得意とし、
小沢氏の元秘書のデタラメ供述調書を作るなど、
小沢の件に深くかかわっている検察官を大阪へ来させて、
石井・村木の共犯をでっち上げようとしたのでした。

ところが、このことについては、マスコミは一切ふれようとせず、
検察官の個人の罪だけを問い、村木さんはかわいそうだで一件落着。
壮大な小沢えん罪のたくらみの一場面であると国民に知られては、
検察もマスコミも困るからです。

フロッピー改ざん検察官が、別の事件で作成した調書も
当然疑わしいものであるにもかかわらず、
その事に波及するような報道をマスコミはしません。
3人の元秘書の裁判で、
裁判所は検察から提出された調書の主要な部分のほとんどを
証拠採用しなかったにも係わらず、
マスコミは、調書のごく一部だけが
採用されなかったがごとき報道しか行いません。

政治のレベルは、国民の意識水準を示していると言われますが、
その意識の低さは、こんなマスコミが、作り出しているのです。

ちなみに、
陸山会の不動産取得にかかわる、いわゆる「期ずれ」の問題だけは、
小沢氏や元秘書たちに理解のある人たちでさえも、
政治資金規正法違反は免れないと思っている人が多いようですが、
2004年10月に買った土地が、たまたま農地であったために、
農地法による適法な手続を行っている間に、
これまた、たまたま年をまたいで2005年初めになって、
売買の効力が発生したので、
農地法や会計原則に則って
正確に収支報告書を作成したに過ぎないのです。
これまでに様々な方法ですり込まれてきている偏見をベースに、
04年と05年の報告書の内容を意図的に別々に問題視することで、
白いものを黒く見せているだけなのです。
この問題については、近く別の機会に詳しく触れたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 大手メディアが伝えない情報
ジャンル : ニュース

Tag:マスコミ  Trackback:0 comment:0 

マスコミ(八百長相撲の場合)

ずいぶん前から、週刊ポストや週刊現代によって、
相当の根拠を示して八百長の実態が明らかにされていたにもかかわらず、
大手マスコミは、それに触れないどころか、
相撲協会の手先となって、ポストや現代を嘘つき扱いしていました。

八百長が一番ひどかった時期は、
1980年代後半から90年代初頭にかけて、
同じ部屋に二人の横綱(CとH)がおり、
もう一人の横綱(O)以外の上位陣が
ほとんど注射力士で占められていたころです。

当時は、ポストが八百長の告発記事を掲載していましたが、
ポストの記事では、それまでに行われた八百長の実態から
法則とも言える一定の規則性が導き出されていて、
例えば、ある場所はCの奥さんの出身地だから、毎年Cが優勝する。
年間におおむね、Cが何回、Hが何回、その他の力士が何回程度優勝する。
それらを踏まえて、具体的にその場所で誰が優勝するかは、
中盤戦までの星勘定を勘案して、決まっていく。
ガチンコ横綱のOは、勝敗を読むことができないため、
千秋楽にOと当たる力士が優勝するためには、
Oに負けても優勝決定戦にならないように、
14日目終了時点で、2差をつけていなければ安心できない。
その他、よく言われている大関互助会があり、
カド番の大関は、勝ち越さなければならない。
ただし、優勝する力士には負けるから、その他の取組で勝たせて勝ち越す……

それらの法則性は、
過去の結果に基づき後付けで、ポストが想像しているだけなのか、
事実だったのかは、我々では検証の仕様のないことですが、
その法則をその後の場所に当てはめてみると、
毎場所、12日目が終了したころには、誰が優勝するかだけでなく、
13日目から千秋楽までの、Oの取組以外の
横綱・大関の勝敗まで全て判ってしまい、
ほどんど、そのとおりの結果が出ていました。
一度だけなら偶然だったのだと言えるでしょうが、
毎場所、当たり続けたのですから、ポストの記事は正しい、
すなわち、八百長は存在したと証明されたようなものでした。

ところが、相撲記者クラブの大マスコミは、
ポスト以上に、よく観察・取材できたはずであり、
当然、八百長の存在は認識していたはずですが、
八百長など存在しないと相撲協会や力士達の肩を持ち続けました。

貴乃花をはじめ藤島勢の台頭と横綱Cの引退で、
一時は八百長は少なくなったようですが、
その後も、週刊ポストや週刊現代が
相当確かな根拠をあげて、八百長の実態を連載していました。

押収された携帯電話のメールが発端で、八百長の存在が明らかになった後、
放駒理事長が、八百長が過去にはなかったなどと言いましたが、
嘘っぱちだということは明らかです。

大マスコミは、7勝7敗で千秋楽を迎えた力士への
人情相撲ならあっても仕方ないのだとか言って
事を矮小化する努力をしていますが、
相撲協会が興業会社であるならいざ知らず、
財団法人という、数々の優遇を受ける公益法人であるからには、
成績や地位までもお金でやりとりすることは許されるものではありませんし、
そういう実態を正しく国民に知らせることがマスコミの責務のはずです。

しかも、マスコミがそれまでの頑ななまでの相撲協会擁護から、
一夜にして一斉に相撲協会叩きに雪崩を打ったきっかけが、
警察のリークだったことは、
国民に正しい情報を伝える報道であるよりも、
警察の広報であることを明確にしており、
八百長隠蔽に協力した以上に、より一層の深刻さを示しています。


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
テーマ : 大手メディアが伝えない情報
ジャンル : ニュース

Tag:マスコミ  Trackback:0 comment:2 

マスコミ(松本サリン事件の場合)

マスコミの報道の問題を語るには、
松本サリン事件は避けて通れません。
1994年、松本市で発生したサリンによる殺人事件で、
第一通報者であった河野義行さんは、
一時、重要参考人として取り調べられ、
その後も、警察の執拗な捜査とリーク、
それに基づく偏見により犯人扱いする報道が続きました。

河野さんや息子さん、近所の人達の話なども報道されるのですが、
いかにも怪しいように伝えられていました。
そのような一方的な報道の中でも、
それぞれの断片的な話を繋いでいくと、
ごく普通で全然怪しくない話じゃないかとだんだん判ってきましたし、
一方、警察側の発表は、どれも憶測に過ぎないものばかりでしたし、
しかも、河野さん宅にあった薬品からは
サリンは生成できないことも明らかになっていました。
そして、弁護士の自宅でだったと記憶していますが、
そこで行われた記者会見で、河野さんは、
「自分は潔白だから、実名と顔写真を公開して構わない。」
と発言しました。
その時、この人は無実だと、私は確信しました。
別に、自分が早くから真実に気づいたと誇って書いている訳ではありません。
そうではなくて、
大手マスコミから発せられる、一定のフィルターを通した情報であっても、
点と点を丹念に結んでいけば、本当の姿は見えて来るのだから、
まして、一般人よりも圧倒的に生の情報を収集できる立場にあるマスコミは、
警察からの発表はそのまま報道しても構いませんが、
それだけでなく、自分たちで独自に取材して得た
様々な情報を正しく分析していれば、もっと早く、
犯人でないことぐらい判ったはずだということです。

翌年の地下鉄サリン事件が起こり、
松本の事件もオウム真理教の仕業であることが
判明するまでの約1年の間、河野さんは犯人扱いされ続けました。
真実が判った時、マスコミは反省し、河野さんに謝罪しましたが、
えん罪報道を生む体質自体は、結局、克服されることなく現在まで続いています。

※ しばらく、マスコミの問題を続けるつもりです。
テーマ : 大手メディアが伝えない情報
ジャンル : ニュース

Tag:マスコミ  Trackback:0 comment:0 

「報道」ではなく「広報」だ!

「原発の作業員が急性白血病で死亡。
だが、原発での作業との因果関係はない。」
「0.5ミリシーベルトの外部被ばく。内部被ばくはない。」
との東電の発表を、相も変わらず
マスコミは、垂れ流しに報道しています。

福島原発で勤務する前は、異常はなかったのに、
たった一週間、そこで働いたら、
急性白血病で死亡するに至ったのであれば、
原発からの放射線との関係を疑うのが普通です。

これまでも、嘘ばかりを言ってきた東電の説明を
何の疑問も呈することなく「ハイ、そうですか」と
だまって聞いている方が、どうかしています。

線量計を常時着けて、正確に被ばく量を測定していたのか?

内勤だから内部被ばくは「ないに決まっている。」と勝手な理由をつけて、
ろくに調べもせずに、内部被ばくはないと言ってるのではないか?
(自分に都合の良い前提条件を設けて、その上でのみ問題をとらえて、
その他の問題を切り捨てるのは、原子力村の最も得意とする手法です。)

2名の女性の被ばくが明らかになったあと、室内をきちんと除染したのか?

原子炉建屋の周辺には、10シーベルト/h超の
ウルトラホットスポットが多数あると考えるべきで、
死亡した人の行動した導線上に、
線量計が振り切れてしまうような場所はないかどうか調査したのか?

・・・

3.11まで放射能と放射線との違いもよく分からなかった私でさえ、
次々と疑問がわいてきます。

にもかかわらず、マスコミは、東電の発表をそのまま報じています。
第三者の目で、きちんと調査をした上で、
原発事故とは何の関係もないことが解れば、それはそれで良いことです。
でも、仮に何らかの事実を隠蔽したままにするのであれば、
今後も、同様の犠牲者が出ることになりかねないのです。

弱い者に対しては、とことん追い詰めるくせに、
強い者には、言いなりになるのが日本のマスコミの特徴です。
強い者は、放っておいても自分でやっていけます。
弱い者の目になり耳になり、口になるのがマスコミの使命のはずです。

上杉隆氏・烏賀陽(うがや)弘道氏の共著である、
『報道災害【原発編】』で、
烏賀陽氏の「戦争に匹敵するクライシスが来た時に、
国民が自分の生命や財産を守るための最低限の情報を
報道が与えないなら、そんなものはいらない。」との発言に対して、
上杉氏が、「あってもいいが、『報道』と言うから混乱するので、
『広報』と言うべきだ。日本の大手メディアは、
権力に都合の良い『広報』しかしていない。」と応じています。

今回の白血病による死亡の件に関する対応は、
大手マスコミが、政府・東電の広報部であることを
さらに一層、明確に示すものとなりました。

ところで、
上杉氏の著書をどれでも良いので、
一冊は読んだ方が良いと思います。

ただし、そのまま鵜呑みにするのは良くありません。
現に起きている様々な現象に当てはめて、
自分の頭で、良く考えることです。

そうすれば、
日本のジャーナリズム取り分け「記者クラブ」が、
世界の中で、どれだけ「ガラパゴス」状態にあるのか、
日本の国民をどれだけ犠牲にし、国家に不利益を与えているのかが、
よく解ってきます。

今回の出来事は、
今後、多数起こされるであろう、被ばく者による賠償請求の際に、
非常な困難が立ちはだかるであろうことを暗示しているように思えます。


※ 原発、小沢一郎、邪馬台国を3つの軸にして、
常識と思われている嘘と非常識と思われている本当を
明らかにしたいと、このブログを始めました。
邪馬台国の事を、ほとんど書けていないのが辛いところなのですが…。

ところが、この3つの縦軸に共通に横たわる問題が、
マスコミなのです。
原発、小沢問題はもとより、邪馬台国に関しても、
マスコミが一定の作用を果たしています。
今後、4つ目の軸として、
マスコミの問題も意識的にとらえていきます。
テーマ : 大手メディアが伝えない情報
ジャンル : ニュース

Tag:マスコミ  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

卑弥呼238

Author:卑弥呼238
卑弥呼238のブログへようこそ!
238は、何の数字でしょう?
この数字へのこだわりは、おいおいブログに書くつもりですが、タイトル「常識の嘘、非常識の本当」に当てはめると、239は常識だけど嘘、238が非常識の本当というところです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。